胃腸が弱い人は生活習慣を変えて胃腸への負担を減らそう。食生活の乱れや野菜不足が慢性胃痛の原因です

GYEIFHUP3O

胃腸が弱いことで極端にトイレに行く回数が増えてしまって日常生活に不便を感じることがある方も少なくないのではないでしょうか。

また子供の頃は胃腸が強かったけれども、社会人になってから胃腸が弱くなってしまったという方もいらっしゃいます。

そもそもなぜ胃腸は弱くなってしまうのでしょうか。今回はそんな胃腸が弱る原因の焦点をあてながら、見直すべき食習慣と生活習慣についてお伝えします。

ストレス溜まっていませんか?自分を客観的に見てみよう

胃腸が弱くなっている原因には様々なものがありますが、恐らく多くの人に当てはまるのはストレスなのではないでしょうか。

現代社会はストレス社会と呼ばれるくらいストレスに満ち溢れています。

例えば、携帯電話が発達したことにより、いつでもどこでも誰とでもコミュニケーションがとれるようになりましたが、それによって本当の意味で心が休まる時間は無くなってしまったのかもしれません。

会社から携帯電話を持たされていれば、休みの日に家族と穏やかに過ごしている時間に、突然取引先担当者から連絡が入り、罵声を浴びせられることもあるでしょう。

昇進して給料が上がれば生活が楽になると考えて頑張った結果、管理職となり残業代が出なくなり、実質の手元に残る給料は減り、労働時間だけが増えてしまうことだってあります。

現代社会で真面目にしっかりと働いていれば、ストレスと無縁で過ごせることはあり得ません。

それでも精神力が強く、自分の思いを主張してぶつかっていける強さがあれば問題はないのかもしれませんが、それができるのは少数派です。

だからストレスを感じている自分に気づいたとしても、それを責める必要はありません。

それよりも、ストレスを感じている自分をまずは客観的に認識することが大切です。

ストレスは目に見えないので、中々気づきにくいですが、身体に不調が表れたらそれがサインの一つです。胃腸が弱くなっている。そう感じたとしたら、それはストレスが関係しているかもしれません。

まずは自分の置かれている環境と自分自身の気持ちを見つめ直すことからはじめてみてはいかがでしょうか。

年齢によって内臓機能は低下していく

胃腸が弱ってしまう理由は精神的なことだけではありません。

身体的な機能低下も無視できないところです。例えば、10代であれば揚げ物をどれだけ食べても大丈夫だったけれど、40代になれば、そもそも揚げ物を欲しなくなったという方も多いのではないでしょうか。

これは自然と欲しなくなっているだけとも言えますが、本当は身体が大量の揚げ物を受け付けなくなっていることを知っているからそうなっているのかもしれません。

つまり何がポイントかというと、年齢を重ねてきたらそれに応じた食生活を考えるべきだということです。

もし仮に10代の食生活を40代になっても続けていれば、それが問題だということはわかりますよね。

だけどそれが、20代と30代の違いだとしたらいかがでしょうか。まだ自分は若いという自覚があればある程、20代と同じような食事を求めがちですが、そこは冷静になるべきポイントです。

筋力や肺活量は筋肉トレーニングや有酸素運動でカバーしやすいところですが、内臓機能は日頃のケアでキープしていくところです。

年齢に応じた食生活を考えることで、胃腸の弱さはカバーできる可能性があるのです。

よく噛んで食べて、胃腸への負担が減らそう

胃腸が弱い場合は、そこに対する負担を減らすことを考えなければいけません。流動食のような食べ物を食べたら胃への負担は減らすことができます。

しかしながら、そういった食事ばかりは食べられないですよね。だからよく噛んで食べることを考えなければなりません。

よく噛めば唾液の分泌が促進されます。

唾液の分泌が活発になれば口内環境も正常化されやすくなります。そして食べ物の中に含まれている発がん性物質を押さえる働きがあるとも言われています。

つまりよく噛んで食べれば胃腸への負担が減るだけでなく、唾液の分泌によりプラスアルファで健康を保つことができるのです。

またよく噛むことを意識すると、どうしても一度の食事にかかる時間が増えていきます。すると自然に小食になっていきますよね。

食べ過ぎてしまうと身体はどうしても消化に不要なエネルギーを使います。

その結果として身体が疲れやすくなってしまうのです。身体が疲れやすくなると、集中力が無くなってしまいます。

すると仕事や勉強にも支障が出てきてしまいますよね。そういった事態もよく噛んで小食になれば避けられるのです。

これは無理な食事制限をするよりもずっと効率的で合理的なダイエット方法と言えるかもしれません。

そして食べ放題の流行などもあり、多く現代人は過食気味です。

だから疲れやすい子供や社会人が増えてしまっているのです。いかがでしょうか。食べ過ぎた翌朝は胃がもたれているだけでなく、疲れやすくなっているという感覚はないでしょうか。

食べ物に消化されるエネルギーを最小限に抑えることができれば、自然治癒力がしっかりと働くようになります。

自然治癒力は正常に働けば、内臓の調子を整えることや血液を正常な状態に戻すなど、様々な機能が働きます。

つまり、よく噛んでいくことは胃腸への負担を減らすだけでなく、身体の自然治癒力を働かせる手助けにもなるということなのです。

最近はテレビでもタモリさんが実践している一日一食の健康法が取り上げられました。

食べ過ぎないことに対する世間的な注目も以前よりは高まってきているといえるのではないでしょうか。

もちろん、こういった健康法は合わない場合もあるので、実際のところはやってみなければそれが自分に合うかどうかは、わかりません。

しかしながらよく噛んで食べて、小食になれば肥満や栄養の過剰摂取による生活習慣病になるリスクを抑えやすくなることは間違いありません。

こういったよく噛んで食べる健康方は50回~120回くらい咀嚼することが基本ですが、いきなり120回を目指すと少し、ハードルが高いと感じるかもしれません。

今まであまり噛んで食べるという自覚がなかった場合は、まずは30回程度でもいいので、しっかりと噛むことを意識しましょう。

するとこれは不思議な現象でもあるのですが、しっかりと味わって食べ物を食べられるようになるだけでなく、食物に対して感謝の気持ちを持つことができるようになっていきます。

これは人によって当然差が出てくる感覚ではありますが、お肉を食べる時も今までは固形物、食べ物としてのお肉としか認識していなかったものが、生きていた動物の命をいただいている、という感覚に段々とシフトしていくのです。

そうなってくると、自然とお肉だけでなく野菜などの植物に対しても命をいただいているという感覚が自然と身についてくるのです。

つまりよく噛んで食べる習慣を身につけられたら、身体的な変化だけでなく気持ちの面でも変化する可能性があります。

気持ちが変われば考え方が変わり、行動が変わります。つまりよく噛んで食べるだけで、日常生活を取り巻く様々な環境が良くなっていく可能性があるのです。

ビタミンAを取り入れて胃の粘膜をケアしよう

胃腸が弱い場合は、胃の粘膜をケアする栄養分も必要になります。

その為にはビタミンAを取り入れましょう。ビタミンAは牛の肝臓やたまご、イカなど様々な食品に含まれています。

その他、野菜を中心にした食生活にすると、胃腸を健康な状態に保てます。ストレスに強くなるビタミンC、腸を健康に保つ食物繊維など、野菜には胃腸に良い栄養がたくさん含まれているのです。

こういった食事や健康食品を、日常生活に取り入れることも意識してみてはいかがでしょうか。

しかし、社会人で忙しい方は、特に自炊などをする時間がなく、野菜をしっかり摂取するのは難しいですよね。

そこでオススメなのが、青汁やビタミンサプリで補助的にビタミン類を摂取する方法です。

私が愛用するオススメの青汁・ビタミンサプリ


青汁やビタミンサプリと聞くと

「苦味があって飲みにくい」
「値段が高そう」
「効果があるのか疑問」

という人が多いと思います。
私も、かつては青汁のCMを見ても「まだ30代だし若いから青汁なんて必要ないでしょ」と思っていました。

しかし、多忙による不摂生と生活習慣の乱れによって機能性胃腸炎になった時、改めて健康の偉大さと『このままの生活をしていたらやばいな』という危機感を覚えました。

機能性胃腸炎は精神から来るストレス胃炎と言われていますが、生活習慣の乱れやビタミン不足によるストレス・イライラの蓄積によっても引き起こされます。症状は常に胃もたれや吐き気があり、食欲があるのに食べられない…というもの。

厄介なことに自律神経の乱れによって起こる病気なので、治療出来る薬が無く、生活習慣と食生活を整え自律神経のバランスを元に戻すことでしか治療出来ない病気なのです。

当然、仕事にも支障が出ますし常に感じる吐き気と胃もたれのせいで、何も出来なくなってしまいました。

ビタミン不足から肌も荒れて、見た目も悪くなり、ようやく自分の不摂生の愚かさに気付きました

その時に、生活習慣を治し不摂生をやめるきっかけとして選んだのが青汁やビタミンサプリです。
ストレスやイライラを抑えるビタミン群やお腹の調子を整える食物繊維などを補助的に摂取すると同時に、青汁・サプリの摂取を毎日の習慣にする事で健康意識を高めるという効果もあり、機能性胃腸炎の治療に大いに役立ちました。

前置きが長くなりましたが、そんな私が様々な青汁・ビタミンサプリを試した中で一番続けやすく、かつ効果があり値段も手頃な商品を紹介します。

サンスターの粉末青汁


青汁はドラッグストアやスーパーでも安く販売されていますが、どれも苦味が強く、とても毎日の習慣に出来る味ではありませんでした。
そこで、本格的な青汁をいろいろ吟味した結果、このサンスターの粉末青汁にたどり着きました。

1日分の野菜不足をこれ一包 サンスターの粉末青汁


サンスターの粉末青汁は、100%の国産野菜を利用した粉末青汁で、ブロッコリーやケール、モロヘイヤなどビタミン群・食物繊維の量が優秀な葉物野菜をふんだんに含んでおり、安全性&栄養面はバッチリです。

サンスターの粉末青汁1杯で野菜100g分の栄養素が摂取出来るため、厚生労働省が発表している1日に摂取するべき野菜量である350gの約3分の1を青汁一杯で取ることが出来ます。

野菜100g分の栄養って、ハッキリ言って凄いです。
コンビニなどで1日分の野菜が取れる野菜ジュースなどが売っていますが、正直言ってあれは嘘です。野菜ジュースの場合は糖分などの余計な成分が多く入っていますし、何より加工された野菜ジュースは食物繊維・ビタミン共に壊れやすく健康効果はイマイチだと管理栄養士も認めています。
(実際に、友人の管理栄養士に聞きました)

サンスターの粉末青汁なら、一杯飲んで生の野菜を摂取した時と同じ効果100gが得られるのです。
本格的な青汁は、コンビニなどで買える栄養補助食品とは質が違う事がよく分かりますね。

青汁一杯で350g取れないの? と思う人もいるでしょうが、青汁やサプリはあくまで補助的なもの。逆にそこまで栄養素を詰め込んでしまうと、ビタミンや食物繊維のとりすぎによって悪影響が出てしまいます。

青汁一杯で野菜100g分というのは、栄養補助食品としては最もバランスが良い配分と言えるでしょう。

価格は30杯分で4500円です。送料無料ですから、1日あたり150円で毎日の野菜不足を解消出来ます。
ほとんど缶ジュースと変わらない値段で、この優秀な青汁が飲めるのですからお得です。

色々な青汁を試してみましたが、私のメインの青汁はサンスターの粉末青汁1択となっています。
本格的な青汁を試してみたい方には、ぜひオススメです。

ただ、市販の青汁よりも苦味は抑えられているといっても野菜100%なので、この独特の匂いが苦手な人もいると思います。
そういった方は、はちみつを混ぜる、牛乳にといて飲むなどの工夫をすると良いと思います。

青汁ゼリー(青りんご味)


どうしても青汁が苦手…という方は、ゼリータイプの青汁をおすすめします。
焼津水産化学工業株式会社(東証一部上場)の100%子会社である株式会社UMIウェルネスから発売されている青汁ゼリー(青りんご味)は、なんと青汁をゼリーにした画期的な健康食品です。

青りんご味のおいしい青汁ゼリー



私も実際に食べてみたのですが、本当に青りんごの味で、青汁と言われない限り青りんごゼリーと思ってしまうくらい苦味がありません。
青汁を『飲む』のが苦手な人も、これなら気軽に利用できますしおえっとなる心配もありません。

私は青汁を飲むのが平気な人なので、現在はサンスターの粉末青汁を利用していますが、こちらは妻が気に入っており、現在、愛用しています。

妻は喉が細く、青汁の喉を通る時の感触が嫌い…といって青汁を一切飲まない人だったのですが、私がお試しで青汁ゼリーを取り寄せたところ、ひとくち食べて気に入ったようです。

ゼリーですから、歯の弱い高齢の方などには向きませんが、青汁がダメな子供などでも気軽に食べられますし、妻のような飲むタイプはダメという人も続けられる健康的なゼリーです。

もちろん、青汁ですから栄養面もしっかりしています。
1本当たりの食物繊維は3.6g。1食分の野菜を摂取することが出来ます。

粉末青汁に比べるとビタミン面が弱いですが、気軽に食べられて美味しいという利点は粉末青汁にはない独自のメリットです。
価格も、お試しセットは980円とお手頃。通常価格も1箱30個入りで3000円と1日100円のラインをしっかり守っていますから、コストパフォーマンスは高い商品と言えるでしょう。

ゼリー状に加工するために、通常のゼリー商品にも含まれるゲル化剤、酸味料、香料、甘味料などが含まれてしまうのが欠点ですが、少量ですので問題ありません。どんな加工食品にも入っているものですし、気にする心配は無いでしょう。
あまりこういった物に潔癖になりすぎても、それはそれで精神的に良くないですからね。

青汁ゼリー(青りんご味)は粉末青汁がどうしてもダメな方や、お子様の野菜不足を手軽に解消したい! という方にオススメです。

どの商品にもお試しセットがあり通常より手頃な値段で購入出来ますから、気軽に書く商品を比較して自分で選ぶことが大切ですよ。
今回、私がオススメした青汁・サプリは下記の公式ページから申し込みが出来ます。ぜひお試しからスタートして、身体にやさしい健康的な生活習慣を始めましょう。

サンスターの粉末青汁 公式ページ

青りんご味のおいしい青汁ゼリー 公式ページ

PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加