仕事の疲れがたまりやすい管理職の社会人はビタミンB2を積極的に摂取しよう

FA1FA383C1
20代は仕事をして疲れを感じることがなかったけれども、30代になり疲れを感じやすくなった。
夜通し飲み明かして翌日仕事をしていても平気だったけれど、飲み過ぎた翌日が辛い。

前述したこういった感覚を年齢が重なるに従い、感じやすくなっている方も多いのではないでしょうか。実は疲れの感じやすさは単純な加齢だけでなく、日々取り入れている栄養素の不足も関係しています。

そこで今回はビタミンB2に焦点を当て、疲れを感じにくい身体になる為の対策をお伝えします。

そもそもビタミンは不足するとどうなるのか

ビタミンが健康にとって大切な成分であることを認識されている方は少なくないのではないでしょうか。

しかしながらそれが不足するとどうなるのか。それは健康体であるうちは中々興味が持てないものです。

ビタミンが不足して身体に不調をきたしてからビタミンの重要性を知ったとしても、対策としては少し遅い感じがしますよね。

だから今健康で元気な人でもビタミンが不足すると、身体にどんな影響があるのかということは知っておいて損はありません。

ビタミンが不足してくると、身体に様々な影響が起こりはじめます。何故ならビタミンは体内で生成するものではなく基本的に食物から取り入れる必要があるからです。

だから本当は食事でビタミンを取り入れる習慣は誰もが持つべきなのです。それがなければ、いずれ身体に不調をきたす可能性が高まってしまうのです。

口内炎になりやすい人はビタミンB2の不足が関係していることは有名ですよね。

口内炎、と聞けばちょっとしたケガ程度の印象を持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、この症状も悪化の一途をたどった場合は日常生活に大きな影を落とすことになりかねません。

それに、その他にもビタミンDが不足することで骨軟化症が発症する可能性が高まるなど、ビタミンB2に限らずビタミンは健康的な日常を過ごすには欠かせません。

つまりビタミンが不足すると単純に疲れを感じやすくなるだけではないのです。それだけでなく、重大な疾患にかかるリスクを負うことになりかねないのです。

ビタミンB2が多く含まれる食品とは

それではそんな大切なビタミンは、一体どういう食物から取り入れるべきなのでしょうか。

疲労回復といえば、真っ先に取り上げられるのはビタミンB1ですが、この成分は以外と食物から取り入れることが難しいと言われています。

何故なら、ビタミンB1は水溶性なので、洗うことや加熱することで、食べ物から栄養が流れ出てしまう場合や、破壊されてしまう場合があるからです。

だからビタミンB1で有名な豚肉やほうれん草をただ食べていればいいということではありません。

なるべく栄養が保たれた状態で取り入れるために調理方法を配慮しなければなりません。

当然、できるだけ加工を加えず生に近い形で食べるのが理想的ですが、豚肉となるとかなり新鮮なものでないと生では食べられないですよね。

だから習慣的な食事メニューの中にほうれん草や豚肉を取り入れることは考えていかなければなりません。

そうしていくことで、疲れを感じやすい身体を日常的にケアすることができるのです。

ビタミンB2が不足し続けた場合、起こりえる健康被害

ビタミンB2が足りなくなってくると、疲れを感じやすくなるだけでなく、皮膚にも顕著に影響が表れる可能性が高まります。

冒頭でもお伝えしましたが、口内炎はその代表的な症状の一つではないでしょうか。

口内炎は、最初はほんの小さな傷がひろがって悪化する可能性があります。

口内を誤って噛んでしまう場合や、カニの甲羅をひっかけて切ってしまう場合もありますが、そんなちょっとした傷口から悪化していってしまいます。

これはビタミンB2が普段から摂取できていれば、比較的早く症状が穏やかになる場合が多いのですが、ビタミンB2が不足していると、健康的な状態になるまで、中々時間がかかります。

そしてそのまま悪化していけば発話や食事にも影響が出てきてしまうので、仕事にも悪影響が及ぶ可能性があるといえるでしょう。

またビタミンB2の不足は眼精疲労や目の充血にも影響を与えます。現代社会はIT社会ですから、パソコンやスマートフォンの影響で恒常的に

目が疲れやすくなっています。その眼の疲れがとれにくいとなると、やはりこれらの症状を甘く考えてはいけません。またビタミンB2の不足は肌荒れにも関係しています。

せっかく普段から、肌にクリームを塗って外側からケアしていたとしても体内から肌荒れが起きてしまってはどうしようもないですよね。

だからビタミンB2の不足は健康被害だけでなく、二次的な被害として仕事にも影響が起きる可能性があることも認識しておかなければなりません。

ビタミンB2摂取の為に豚肉を薦める理由

ここまでお伝えした中でビタミンB2の重要性を認識された方も多いのではないでしょうか。ではビタミンB2を取り入れる為にはどういう食事をしていけばいいのでしょうか。

ビタミンB2はほうれん草や納豆、その他健康食品など様々な取り入れ方がありますが、一番大切にしなければならないのは、継続的に取り入れることです。

つまり、食習慣として取り入れることができるかどうか、ということがポイントになります。だからこちらでは豚肉を取り入れることをおすすめするのですが、その理由は調理のしやすさにあります。

豚肉を取り入れた料理といえばどのようなものが思い浮かぶでしょうか。

ゴーヤチャンプルーのような炒めもの、焼きそば、お好み焼き、パスタなど、色んな料理がありますよね。カレーにも入れることができれば、トン汁もありますし、コンソメスープに入れることだってできます。

つまりどんな料理にも少しずつ取り入れられるので、無理なく継続的にビタミンB2を摂取できるのです。

そして日常的に食べるものなので、鮮度はしっかりと見極めましょう。

スーパーにいけば安くなっているものもありますが、安さだけでなく鮮度も重要なポイントです。豚肉をただの食べ物として見るのか、ビタミンB2を取り入れる為の健康食として見るのかで、その辺りの見極め方も変わってきます。

とはいえ肉を見極めることはそこまで難しいことではありません。

新鮮な豚肉は、単純にツヤがあり、黒ずんでいません。勿論ビタミンB2を日常的に取り入れる目的が達成されたら、必ずしも豚肉である必要はありません。

しかしながら、継続的にビタミンB2を取り入れる為にはどうすべきか、という問いを自分の中に持つことが大切なのではないでしょうか。

ビタミンB2の他のビタミン群もバランス良く摂取しよう

ビタミンB2にかぎらず、ビタミン群はバランス良く毎日摂取しないと効果を発揮しません。

ビタミンはそれぞれが機能を補完しており、どれか一つを摂取していれば健康になれる、という訳ではないのです。

多岐にわたるビタミン群をバランス良く摂取するには、やはり野菜をとるのが一番です。

しかし、多忙な社会人や自炊嫌いの人にとって、野菜を毎日摂取するのは難しいですよね。1日に必要な野菜の量は手のひらいっぱいの350gと言われており、現代人は得てして野菜不足と言われています。

そこでオススメなのが、青汁やビタミンサプリを活用して補助的にビタミン群を摂取することです。

私が愛用するオススメの青汁・ビタミンサプリ


青汁やビタミンサプリと聞くと

「苦味があって飲みにくい」
「値段が高そう」
「効果があるのか疑問」

という人が多いと思います。
私も、かつては青汁のCMを見ても「まだ30代だし若いから青汁なんて必要ないでしょ」と思っていました。

しかし、多忙による不摂生と生活習慣の乱れによって機能性胃腸炎になった時、改めて健康の偉大さと『このままの生活をしていたらやばいな』という危機感を覚えました。

機能性胃腸炎は精神から来るストレス胃炎と言われていますが、生活習慣の乱れやビタミン不足によるストレス・イライラの蓄積によっても引き起こされます。症状は常に胃もたれや吐き気があり、食欲があるのに食べられない…というもの。

厄介なことに自律神経の乱れによって起こる病気なので、治療出来る薬が無く、生活習慣と食生活を整え自律神経のバランスを元に戻すことでしか治療出来ない病気なのです。

当然、仕事にも支障が出ますし常に感じる吐き気と胃もたれのせいで、何も出来なくなってしまいました。

ビタミン不足から肌も荒れて、見た目も悪くなり、ようやく自分の不摂生の愚かさに気付きました

その時に、生活習慣を治し不摂生をやめるきっかけとして選んだのが青汁やビタミンサプリです。
ストレスやイライラを抑えるビタミン群やお腹の調子を整える食物繊維などを補助的に摂取すると同時に、青汁・サプリの摂取を毎日の習慣にする事で健康意識を高めるという効果もあり、機能性胃腸炎の治療に大いに役立ちました。

前置きが長くなりましたが、そんな私が様々な青汁・ビタミンサプリを試した中で一番続けやすく、かつ効果があり値段も手頃な商品を紹介します。

サンスターの粉末青汁


青汁はドラッグストアやスーパーでも安く販売されていますが、どれも苦味が強く、とても毎日の習慣に出来る味ではありませんでした。
そこで、本格的な青汁をいろいろ吟味した結果、このサンスターの粉末青汁にたどり着きました。

1日分の野菜不足をこれ一包 サンスターの粉末青汁


サンスターの粉末青汁は、100%の国産野菜を利用した粉末青汁で、ブロッコリーやケール、モロヘイヤなどビタミン群・食物繊維の量が優秀な葉物野菜をふんだんに含んでおり、安全性&栄養面はバッチリです。

サンスターの粉末青汁1杯で野菜100g分の栄養素が摂取出来るため、厚生労働省が発表している1日に摂取するべき野菜量である350gの約3分の1を青汁一杯で取ることが出来ます。

野菜100g分の栄養って、ハッキリ言って凄いです。
コンビニなどで1日分の野菜が取れる野菜ジュースなどが売っていますが、正直言ってあれは嘘です。野菜ジュースの場合は糖分などの余計な成分が多く入っていますし、何より加工された野菜ジュースは食物繊維・ビタミン共に壊れやすく健康効果はイマイチだと管理栄養士も認めています。
(実際に、友人の管理栄養士に聞きました)

サンスターの粉末青汁なら、一杯飲んで生の野菜を摂取した時と同じ効果100gが得られるのです。
本格的な青汁は、コンビニなどで買える栄養補助食品とは質が違う事がよく分かりますね。

青汁一杯で350g取れないの? と思う人もいるでしょうが、青汁やサプリはあくまで補助的なもの。逆にそこまで栄養素を詰め込んでしまうと、ビタミンや食物繊維のとりすぎによって悪影響が出てしまいます。

青汁一杯で野菜100g分というのは、栄養補助食品としては最もバランスが良い配分と言えるでしょう。

価格は30杯分で4500円です。送料無料ですから、1日あたり150円で毎日の野菜不足を解消出来ます。
ほとんど缶ジュースと変わらない値段で、この優秀な青汁が飲めるのですからお得です。

色々な青汁を試してみましたが、私のメインの青汁はサンスターの粉末青汁1択となっています。
本格的な青汁を試してみたい方には、ぜひオススメです。

ただ、市販の青汁よりも苦味は抑えられているといっても野菜100%なので、この独特の匂いが苦手な人もいると思います。
そういった方は、はちみつを混ぜる、牛乳にといて飲むなどの工夫をすると良いと思います。

青汁ゼリー(青りんご味)


どうしても青汁が苦手…という方は、ゼリータイプの青汁をおすすめします。
焼津水産化学工業株式会社(東証一部上場)の100%子会社である株式会社UMIウェルネスから発売されている青汁ゼリー(青りんご味)は、なんと青汁をゼリーにした画期的な健康食品です。

青りんご味のおいしい青汁ゼリー



私も実際に食べてみたのですが、本当に青りんごの味で、青汁と言われない限り青りんごゼリーと思ってしまうくらい苦味がありません。
青汁を『飲む』のが苦手な人も、これなら気軽に利用できますしおえっとなる心配もありません。

私は青汁を飲むのが平気な人なので、現在はサンスターの粉末青汁を利用していますが、こちらは妻が気に入っており、現在、愛用しています。

妻は喉が細く、青汁の喉を通る時の感触が嫌い…といって青汁を一切飲まない人だったのですが、私がお試しで青汁ゼリーを取り寄せたところ、ひとくち食べて気に入ったようです。

ゼリーですから、歯の弱い高齢の方などには向きませんが、青汁がダメな子供などでも気軽に食べられますし、妻のような飲むタイプはダメという人も続けられる健康的なゼリーです。

もちろん、青汁ですから栄養面もしっかりしています。
1本当たりの食物繊維は3.6g。1食分の野菜を摂取することが出来ます。

粉末青汁に比べるとビタミン面が弱いですが、気軽に食べられて美味しいという利点は粉末青汁にはない独自のメリットです。
価格も、お試しセットは980円とお手頃。通常価格も1箱30個入りで3000円と1日100円のラインをしっかり守っていますから、コストパフォーマンスは高い商品と言えるでしょう。

ゼリー状に加工するために、通常のゼリー商品にも含まれるゲル化剤、酸味料、香料、甘味料などが含まれてしまうのが欠点ですが、少量ですので問題ありません。どんな加工食品にも入っているものですし、気にする心配は無いでしょう。
あまりこういった物に潔癖になりすぎても、それはそれで精神的に良くないですからね。

青汁ゼリー(青りんご味)は粉末青汁がどうしてもダメな方や、お子様の野菜不足を手軽に解消したい! という方にオススメです。

どの商品にもお試しセットがあり通常より手頃な値段で購入出来ますから、気軽に書く商品を比較して自分で選ぶことが大切ですよ。
今回、私がオススメした青汁・サプリは下記の公式ページから申し込みが出来ます。ぜひお試しからスタートして、身体にやさしい健康的な生活習慣を始めましょう。

サンスターの粉末青汁 公式ページ

青りんご味のおいしい青汁ゼリー 公式ページ

PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加