ハゲ・薄毛を防止するための食生活ガイド。ハゲないために重要なのは野菜を取ることです

Prescription

最近は若ハゲで有名なタレントも出てきているくらい、頭が薄くなる事は一般的になりました。

昔は頭が禿げている人といえば、40代、50代を超えたサラリーマンといった印象でした。

しかしながら最近は薄毛が広まってきたことによってその印象も変わってきたのではないでしょうか。

ではなぜ薄毛で悩む人が増えてきたのか。
その原因は体質や体調や遺伝子など様々な要素が絡み合っているのでこれが原因だという人と特定することはできませんが、少なくともハゲることに影響与える生活習慣があります。

それは食生活です。

幼少期から現在までどのようなもの食べてきたのかが、実はハゲや薄毛に関係しているのです。
そこで今回は薄毛やハゲを予防するために必要な食生活と野菜がなぜ必要となるのか、その理由についてお伝えします。

毛根に栄養を送るためには血液が綺麗でなければならない

薄毛になることや、あげることを予防したいのであれば、自分の血液の状態をきれいに保つ努力をする必要があります。
なぜなら頭髪に限らず爪やその他の体毛は、血液循環によって各細胞組織にエネルギーが運ばれることにより日々生まれ変わって成長していくからです。

つまり頭髪は血液循環がしっかりしているから正常に成長しているといえるのです。
ではその大切なエネルギーを運ぶ血液がドロドロに汚れてしまっていたとしたらどうでしょうか。

ドロドロに汚れているだけでなく、血糖値が異常に高くなっているなど正常な状態とは呼べない血液になっていたとしたら。

そういう血液の状態であれば、全身の細胞の細部までしっかり栄養が行き届かなくなる可能性がありますよね。

だから薄着になることやはげを予防した場合は、頭だけを局所的に意識するのではなく、血液循環と体全体のことを考えなければならないのです。

ではその血液をきれいに保つためにはどうすればいいのか。
その方法はいたってシンプルで簡単です。

それはしっかりと水を飲んで野菜を食べること。

この2つが基本です。

だから薄毛ハゲを予防したい場合は、日々の食習慣として、ミネラルウォーターを飲むこと、そして普段よりも野菜を食べることを意識していきましょう。

体にとって不自然なものは、なぜ食べてはいけないのか

先ほどもお伝えしたように、はげを予防するためには血がきれいであることが必要です。

血液を健康的な状態に保つためには、尻血液を綺麗にすることを意識しなければならないのは先ほどお伝えしましたよね。

しかしながら血液を健康に保つたいのであればもう一つ注意しなければならないことがあります。

血液を汚さないことです。

せっかく血液が綺麗になるための努力をしていても、それと同じように血液が汚れる食習慣があったら効果が薄れてしまいますよね。
だから薄毛やハゲを予防したい場合は、私を汚さないためにはどうするべきなのか。

それを常に意識して生活いなければなりません。

では具体的にどうすれば、血液が汚れることを防げるのでしょうか。
それは、体にとって毒となるもの食べない、そのことを守りましょう。

簡単なことですがそれだけでいいのです。

では体にとって毒となるものとは一体何なのでしょうか。

それは、例えば山に生えている毒キノコ。
当然ですがそれは食べてはいけません。
人間が食べるべきではない化学薬品などの液体。
こういったものも当然ですが体に入れてはいけないですよね。

これは説明するまでもないことかもしれませんが、私たちが注意しなければならないのは毒だとわかりづらい毒です。
その毒とは、多くの加工食品に含まれている化学合成物質です。

この辺のそれは詳しくしていくとかなり難しい話になってしまいますので、自分の体にとって毒なのか違うのか、その見極め方だけお伝えします。

それは体にとって不自然か、どうかということです。
例えば蛍光色のお肉屋、レインボーカラーのバナナがあれば、明らかに不自然ですよね。

こういったわかりやすいものだけでなく、体が直感的にあまり良くないと感じるもの、そういったものを極力避けていきましょう。
これは完璧にやろうとすると、しんどくなってしまいがちなので、ほどほどに意識することが大切です。

野菜の食べ方に注意しよう

先ほども野菜を食べることが大切だとお伝えしましたが、このような野菜を食べるのか、選ぶ時の注意点があります。
季節に合った野菜を選ぶということです。

基本的に夏野菜は、気候が暖かいことを前提として成長していくので、体を冷やす効果を持つものが多いのです。

また逆に冬場にできる野菜は、寒い季節であることを前提としているので体を温める効果を持つものが多いのです。

だからこれをちぐはぐな季節に食べてしまうと、逆に体にとっては不調を起こす可能性も出てしまいかねません。

例えば1月や2月などのとても寒い時期に体を冷やすような、きゅうりやトマトばかり食べるべきではないのは、考えなくてもわかりますよね。

このように少し頭を使えばわかることですが、野菜は選び方に気をつけなければならないのです。

にんじん、モロヘイヤ、ほうれん草、ビタミンAを取り入れよ

それでは皮膚などの頭皮を健康に保つためにはどのような栄養素を意識的に取り入れるべきなのでしょうか。
ビタミンAです。

薄毛やハゲを予防したいのであれば、ビタミンAを積極的に取り入れていきましょう。
ビタミンAは人参、モロヘイヤ、ほうれん草、などに多く含まれています。

これらの食材はスーパーでも簡単に手に入りますよね。

だからいきなり大量に食べるのではなく、日々の食生活に取り入れるようにしていきましょう。
にんじんであれば彼に入れることができますよね。

ほうれん草で炒め物を作るのも簡単です。
モロヘイヤはサラダやスープに入れることもできます。

こういった調理方法は、一例に過ぎませんが、日々のレパートリーの中にこのビタミンAを含む食材を選んでいきましょう。

そしてその色習慣を継続的に5年10年スパンで続けていくのです。
そうすることで薄毛になることや、頭が禿げることの対策となります。

しかしながら頭が薄くなってしまってから、頭がはげてしまってから、こういった対策をしたからといって、急激に髪の毛が生えてくるわけではありません。

そういった即効性のある対策ではなく、継続することで自分の体を健康に保つ結果として薄毛予防にしていく、そういった方法です。
だから薄毛になり始める前から、禿げる心配のない人ほど、このような対策には事前に取り組んでいきましょう。

関連リンク:管理人のオススメ健康法について

野菜不足を解消して、健康な身体・疲れにくい身体を手に入れるための健康法なら、1日1杯の青汁がオススメです。

実際に管理人である私が行っている青汁健康法の効果と、飲みやすいオススメの青汁について下記の記事にて紹介しています。

健康な身体を手に入れるなら1日1杯の青汁がオススメ!青汁健康法のメリットとは

健康に関心のある方、私のように疲れやすい・胃腸が弱い・仕事が激務でストレスフルな生活をしている方は、ぜひ一度、青汁による健康法を検討してみることをオススメします。

PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加