私が過敏性腸症候群(便秘型)を治すまでに行った治療方法。臭いおならに苦しんだ戦いの記録

120op

どうも、34歳サラリーマンのジョンです。
私は「過敏性腸症候群」という病気に1年ほど悩まされてきました。

恐らく、この記事を読んでいる人の多くも過敏性腸症候群…具体的には、原因不明の便秘や臭いおなら、その他、消化不良などに悩まされていると思います。

今回は、そんな方のために、過敏性腸症候群を完治させた私の体験談&具体的な治療法、プロセスを紹介します。

発病から治療までの過程を淡々と記録していますので、さっさと治療方法が知りたい方はスクロールをお願いします。

きっかけは硫黄臭のする臭いおなら

私が過敏性腸症候群という病気を患っているのに気付いたきっかけは、臭いおならでした。

「最近、ウンチが出てないなぁ…」
と思っていたとき、ふと硫黄のような臭いのおならが出ました。

「うわ、臭い!腸内環境が悪いのか?」

と思わず叫んでしまうほど、自分のおならが臭い!

しかも、その日を境に、恐るべき臭いおならが毎日出るようになってしまいました。

家にいる時も、通勤中も、会社にいる時も、容赦なくプスプスとすかしっぺが出るように…

おまけに臭いが酷く、電車内では明らかに白い目で見られたり、社内でも「なんか臭いね」なんて声が聴こえるほど被害は深刻でした。

「おならが臭い」なんて人によっては笑える話ですが、当事者からすると、たまったものではありません。

おならが出そうになったら、すぐにトイレに駆け込んだり、物陰に移動してこっそりおならを処理するという情けない日々が続きました。

「これは、明らかに胃腸の病気だ!」

と私は消化器科を受信したのですが、バリウム検査と胃カメラをやったものの、結果はシロ。

症状を聞いた先生は

「過敏性腸症候群だね」

と言いました。

過敏性腸症候群という病名は、そこで初めて知ったのですが、簡単に説明するとこの病気は『ストレスによって腸の消化機能がうまく働かず、下痢や便秘を引き起こす病気』とのこと。

この記事を読んでいる皆さんも、他のサイトなどで、この病気の特徴についてはよくご存知かと思います。
私も病名を聞かされた日は、スマホでひたすら「過敏性腸症候群」について検索しました。

過敏性腸症候群の一番やっかいなところは、治療薬が無く生活習慣の改善によってのみ治療可能という点です。

医者からは「ストレスを無くしなさい」と言われましたが、正直な話、ストレスを抱えている自覚はありませんでした。

社会人としてそれなりに忙しく働いてはいますが、パワハラや長時間労働は無し。
仕事も順調です。むしろ、過敏性腸症候群による臭いおならが一番のストレスといった状態でした。

「ストレスを無くせって言われても、そのストレスの原因が見つからないよ!(泣)」

と涙目になる私。。。

薬で治らない病気が、いかに恐ろしいものか理解しました。

とりあえずランニングをやってみたものの1週間で挫折

愚痴を吐いていても仕方ないので、

「実は、自覚がないだけでストレスがたまっているのかもしれない」

と考えランニングを始めました。
週3回ほど、夜に軽く走ってみることに。ランニングウェアやシューズを用意して、自宅周りを走りました。

ところが、もともと運動嫌いの私は1週間で嫌になってしまいました。

ランニングだと雨などの天候も「今日はいいや」という言い訳になってしまいますし、何より走ることが嫌いでした。

そんな訳で、ランニングによる生活習慣の改善は失敗。

臭いおならは相変わらず出続けています。

便秘気味なのも相変わらずで、ウサギのフンのようなポロポロウンチしか出ず「うんこよ、早く出てくれー!」とトイレで踏ん張るのが日課になっていました。まぁ、叫んだところでウンコは出ませんでしたが…。

ならば食生活を変えよう! ということで、今度は食事による過敏性腸症候群の治療を試みました。

ヨーグルトは効果あり!でも完治には至らず

腸内環境を改善すれば、おならの臭いもマシになるのではないか? と思い、毎朝ヨーグルトを飲むことにしました。

LG21ヨーグルト(ドリンクタイプ)を毎朝、出勤前にコンビニで購入し、その場で飲むことを習慣にしました。

LG21ヨーグルトはトクホの飲むヨーグルトで、手軽に飲めるのでオススメです。

これがなかなか効果ありで、おならの臭いが軽減しました。
悪玉菌に効く!腸内環境を改善! とCMで打っているだけあり「これで過敏性腸症候群も治るんじゃないか?」と私は期待しました。

しかし、毎日ヨーグルトを1週間続けても、やはり臭いおならは出るし便秘気味なのも治らない。

会社でもデパートでも家でも、腐った卵のような臭いがするおならがスースー出ます。

この時が一番鬱でしたね。友人には「臭いんだけど!」と言われるし、外では自分が臭いおならをした事がバレないように小細工したり。。
(おならをした後、そそくさと逃げたり)

もしバレたら、社員からは同情と軽蔑の目で見られるでしょう。

「おなら野郎」なんて裏で言われたらどうしよう…とありもしない被害妄想をするほど、過敏性腸症候群は私を追い込んでいました。

30歳を過ぎて、おならの臭いで悩むなんて最悪です。

その後、納豆を食べるようにしたり、サラダを必ず食べるようにするなど、付け焼き刃の食事療法をやりましたが、どれもダメ。

そもそも社会人として忙しく、食事を改善するにも限界があります。
自炊しようにも、時間もなければスキルもありません。コンビニサラダと果物くらいでしかビタミン補給が出来ないという状況です。

背中にかかるストレスと野菜不足が原因だった!

過敏性腸症候群について調べても「ストレスを無くそう!」としか書かれておらず、悩み続ける毎日。

そんなある日、整体師の方のブログで「デスクワークの方は背中にコリがたまっていて、それがストレスになる」という記述を見つけました。

そういえば、私はデスクワークが中心で姿勢が悪く、背中は猫背です。

「もしや、これが過敏性腸症候群の原因では?」

と思い、その日から風呂上がりにストレッチを開始しました。

私の住んでいる部屋はフローリングだったので、折りたためるヨガマットを購入しました。

行ったストレッチは、本当に基本的なものです。学校の体育でやるようなものを、風呂上がりに10分、やるようにしました。

また、同時に「ビタミン不足も腸内環境に悪い」という記事を見つけ、ビタミンサプリを調べることにしました。

社会人で忙しく、自炊で野菜をしっかり取ることが難しい私にとって、一番良いと思ったのは青汁と野菜サプリでした。

どちらも手軽に野菜不足を解消出来て、おまけに月3000円~5000円とコスト的にも安い。
すがるような気持ちで、ストレッチと合わせてこちらも試してみることに。

私がコストと効果を比較して、選んだのはこの二つです。

小林製薬 野菜と酵素



サンスター りんご青汁(缶タイプ) 



まず小林製薬の「野菜と酵素」。

発売元が大手製薬会社の小林製薬ということもあり、安心して利用出来そうだ…と思ったのが購入のきっかけです。

私は家庭内で、台所の掃除やお風呂場の排水周りの掃除を担当しているのですが、小林製薬の商品がとても優秀なので、小林製薬には絶対の信頼をおいています。

例えば、こちらの『かんたん洗浄丸』という商品。

関連リンク:小林製薬 かんたん洗浄丸

これを排水口やトイレに入れると、一発でしつこい汚れが消えていくのです。
こすっても、なかなか落ちないにおいや汚れが一発で落ちたので、この商品と出会ってから、ずっと小林製薬フリークになっています。

話がそれましたが、それだけ小林製薬の商品は素晴らしく、さすが日本を代表する製薬会社だけあって信頼できるということをお伝えしたかったのです。

そんな小林製薬が販売している『野菜と酵素』。

こちらは野菜に含まれるビタミン群、さらに発酵した野菜に多く含まれる酵素をプラスしたビタミンサプリで、野菜不足をしっかり補ってくれる栄養配分になっています。

17種類の野菜と7種類の穀物を発酵させ、ビタミンの吸収をサポートする酵素をギュッと1粒に凝縮したサプリなので、ビタミン補助の他に通常の食事で摂取した栄養素を吸収しやすくする、という効果があります。

サプリメントタイプなので、粒を水と一緒に飲み込むだけですから苦味も何もありません。とても楽ちんで、苦いのが嫌だなぁという人も安心して利用できます。

もう一つが「美味しい青汁」。こちらは缶タイプの青汁です。

サンスターの美味しい青汁は、よくある粉末青汁タイプに比べて、りんごを多く使用して味をよりマイルドにしているので、青汁がどうしても苦手…という方でも飲みやすい味わいになっています。

缶タイプなので、1缶あたりの値段はよくある粉末青汁よりも50円高い200円になってしまいます。ケース毎の値段は10缶ケースで2000円。一ヶ月分の30缶ケースで6000円になります。

しかし、缶タイプゆえに粉末を溶く作業がいらないのでサッと飲めます。

どちらにするか悩みましたが、私は錠剤タイプより飲み物である青汁の方が飲みやすいと思ったので、美味しい青汁を選びました。

ストレッチと青汁を続けて1ヶ月。臭いおならが出ないようになりました

地道に風呂上がりのストレッチと1日1本の美味しい青汁を続けたところ、便通が改善し、臭いおならも出ないようになりました。

ポロポロうんちだった便も、しっかりとしたバナナうんちが出るように!

トイレでしっかりうんちが出たとき、思わず感動してしまいました。約一ヶ月ぶりの健康な便です。

あれほど辛かった過敏性腸症候群が、こんな簡単なことで消えるとは…。
今までの悩みはなんだったの? といった感じです。

ストレッチで背中のストレスを解消。
そして青汁で野菜不足を改善することが、私にとって一番あっていたようです。

過敏性腸症候群は、治療方法があいまいで、慢性化してしまうと生活の質が一気に下がってしまいます。

臭いおならが出ると、毎日、憂鬱になります。
しかし、原因に対して諦めずに色々な治療法を試せば、必ず「これだ!」と思える方法に出会えるはずです。

私はストレッチと青汁の合わせ技で何とかなりました。

一時期は心療内科を受診しようかと悩みましたが、そんな必要はありません。自宅の、ちょっとした日課で過敏性腸症候群は治せます。

ぜひ諦めずに、試してみて下さい。

参考までに、私が飲んでいる青汁はサンスターのりんご青汁です。
りんごをベースに調合されているので、他の青汁と比べて苦味が少なく、飲みやすい青汁です。

下記に公式サイトがあるので、飲みやすい青汁を探している方は、ぜひお試しください。値段も安く、野菜不足の改善にお手軽ですよ。

サンスター りんご青汁(缶タイプ) 公式サイト

PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加