マットレスを床に直引きにするとカビるので除湿シートは必須です

腰痛対策、あるいは睡眠の質アップのために上質なマットレスを購入したものの、ベッドが無いので直引きにしている人っていますよね。

私はベッドを持っていたので、カビの問題は無かったのですが、マットレスに詳しい友人に聞いた所「マットレス直引きはカビるよ」とのことだったので、色々調べてみました。

結論から言うと『マットレス直引きはカビます』。

具体的には、マットレス敷きっぱなしだとカビる…という事です。

今回はマットレス直引きでカビる理由と対策を紹介します。

マットレス直引きでカビる原因は結露

マットレスを床に直引きにすると、床は冷たく、人間の体温が伝わるマットレスは温かい…という温度のギャップが生じます。

すると、床とマットレスの間で結露が発生し、カビが増殖しやすい環境になってしまうのです。

参考:結露はなぜおこる?

建物の床って、想像以上に冷たいんですよ。
そして人間の体温というのは、かなりマットレスに伝わってしまうもの。

これは例えるなら、マットレスに汗をかかせて放置しているようなものです。

ベッドであれば、床に接していないので、こういった事は起こりません。

もちろん湿気が多い環境であれば、こまめにマットレスを干す必要がありますが、ベッドは基本的にマットレス置きっぱなしでも問題ないです。

マットレスを床に直引きにするのは、カビ発生のリスクを考えるとオススメはしません。

一度カビると、どんな高級マットレスでも台無しです。

マットレスは湿気がこもる裏にカビが発生するのですが、一度カビると凄い臭いです。
男の汗を凝縮したような嫌な臭いがマットレスから発生します。私も一度、布団をカビさせてしまった事があるのですが、酷いもんですよ。ファブリーズでも洗濯でも無理です。

間違いなく、買い替えになるでしょう。

私が使っている高反発マットレスの【モットン】はシングルサイズで4万円近くしますから、これを買い替えとなると、かなりキツいものがあります。

安物のマットレスで使い潰し前提だとしても、捨てる手間がありますし、高価なマットレスなら、なおさら大事に使いたいですよね。

という訳で、マットレスの直引きはやめてベッドを買いましょう。

しかし、どうしてもマットレスを直引きで使いたい!あるいはソファーベッドで使いたいという方は、除湿シートをマットレスの下に敷くのがオススメです。

除湿シートを置けば湿気を抑えられる

マットレスの下に除湿シートを敷けば、カビの原因となる湿気・結露を防いでくれます。

しかし、除湿シートも3000円~4000円の安物ですと、吸収力が低くカビやすくなります。

私のおすすめは、高反発マットレスを専門で作っているモットンの除湿シートです。

【モットン除湿シート】公式サイト

もしくは、西川布団の除湿シートがオススメです。

モットンは7500円~
西川布団は1万円~

という値段になっています。

どちらも安心の日本製で、除湿力はバッチリです。

4000円以下の除湿シートですと、中国産の質の悪い除湿シートが多く信用できません。

寝具に関しては、本当に『安かろう悪かろう』なので、必ず日本製の、寝具専門メーカーが出しているものを買うようにしましょう。

寝具は人生で最も長く付き合う家具ですし、健康に直結するものですから、なるべく良いものを使いたいものです。

私もデスクワーク中心の生活なので、寝具がショボかった時は腰痛や寝苦しさがあり、健康的ではありませんでした。

そのせいか機能性胃腸症にかかったり、散々でした…。

参考記事:
・私が機能性ディスペプシアを治すために行った治療法(生活習慣改善)完治まで3ヶ月かかった機能性胃腸症の全て

除湿シートさえしっかりした物を使っておけば、月1に日陰干しをするだけでマットレスのカビは防げますよ。

除湿シート自体は2週間に1度、天日干しをすればメンテンスはOKです。

マットレスを直引きで使いたい人は、ぜひ除湿シートを下に敷いて、カビを防ぎましょう。

PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加