中国産のマットレスはやめとけ。寝具は国産じゃないと後悔します

安かろう悪かろうと言えば中国産。
最近は、中国の経済発展により、多少はマシになってきましたが、それでも質は国産に比べるとイマイチです。

特にキツいのが手抜き・材質の悪さです。

値段が安い中国産の品物は、安い賃金で中国の農民が作っているため、当然、手抜きは当たり前。
その上、材質が悪いのですから、最悪です。

中国産の自転車に乗っていたら、途中でいきなり分解して怪我をした…なんて話もあります。

さて、表題にもある中国産マットレスですが…

辞めておけ!

というのが結論です。

なぜ中国産のマットレスはヤバイのか?
その仕組を詳しく説明します。

中国産マットレスは手抜きポケットコイルマットレスが多い

中国産マットレスは、ポケットコイルマットレスというタイプのマットレスが多いです。

ポケットコイルマットレスとは、コイル状のスプリングが敷き詰めてあるマットレスで、シングルタイプですとコイルが500個ほど入っています。

このコイルの数が少ないと、耐久力が下がり、身体が沈みやすくなって寝心地が悪くなってしまいます。

これでは睡眠の質が下がり、疲労回復効果も低くなってしまいますし、腰痛や肩こりにも良くありません。

中国産マットレスは材質も安いものを使っているので、カビや劣化が早いのも特徴です。

筋力が強い、若い人は問題ないと思いますが、20代後半あたりから中国産マットレスはキツくなってきます。

寝具は長く付き合うものですから、目先の安さに惹かれて中国産マットレスを買うのはやめておきましょう。

寝具は国産にこだわるべし

寝具はやはり国産が一番です。

国産のマットレスは値段こそ高いですが、長く使えます。
適度にメンテナンスすれば10年以上使えて、身体をしっかり支えてくれます。

特に国産の高反発マットレスは、体圧(身体にかかる負担)を分散する効果があり、睡眠の質を上げてくれます。身体への負担が減るので腰痛や肩こりも防ぎ、ぐっすり眠る事ができます。

私のおすすめのマットレスは高反発マットレスのモットンです。

高反発マットレス【モットン】



モットンは価格が3万9800円(シングル)~5万9,800円(ダブル)の高反発マットレスです。

値段は通常のマットレスよりも高いですが、その分、寝る時の体圧(身体にかかる負担)分散に優れています。

その結果、腰痛や疲れの原因になる『不要な寝返り』を防ぎ、睡眠の質を上げる事が出来ます。

ホームセンターなどに置いてあるマットレスの多くは欧米産のマットレスですが、日本人の体型に合っておらず、やはり睡眠の質にはバラつきが出てしまいます。

モットンは、日本人に合わせた最適の硬さを研究して作られており、職人によって1つ1つ手作業で作っています。

畳やフローリングの上に敷いても大丈夫です。
モットンの厚みは10cmあり、高反発の素材が使われているので、ベッドでも直引きでも高い効果を発揮します。



モットンの詳しい性能や仕様は、公式サイトで公開されています。

・高反発マットレス【モットン】 公式サイト

中国産マットレスは確かに安いですが、長い目で見ると『安かろう悪かろう』なので、国産マットレスを選びましょう。

PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加